PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2010年04月07日

2010年04月19日

2010年3月、筑波大学卒業式第三学群祝賀会 受賞スピーチ

【筑波大学卒業式第三学群祝賀会 学群長表彰受賞スピーチ】

 国際総合学類4年、山本泰弘です。

 僕の受賞理由として、「エコサイクル」というのがあります。引越しをする学生から、まだ使えるけど不要になった家具・家電を引き取って新入生に提供するというものです。

 僕は4年前にこれを立ち上げましたが、最初はミス連発でだいぶみすぼらしいものでした。それが今では、後輩達の尽力により大学から支援を受けた立派なプロジェクトとして動いています。

 自分は、いま思えばわずかなことしかできなかった。後輩の活躍あって、変化が成し遂げられた。

 それと同じことが、国際総合学類のクラス代表者会議についても言えます。

 僕は国際のクラ代会の臨時副座長になり、崩壊していたクラ代会を立て直そうとしたつもりでした。しかしここでもいちばんに尽力したのは後輩達で、その結果現在クラ代会は健全に運営されてます。

 このような賞をもらって改めて、自分は無力だということを噛み締めています。

 したがってこの言葉で締めます!
 われらが筑波大の優秀な後輩達に、乾杯!ありがとうございました!  


Posted by 山本泰弘 at 03:00Comments(0)【発表・演説】

2016年08月20日

"うわっ…私の投票、ムダすぎ…?"とならないための選挙ガイド@東北公益文科大学

2016-06-28 "うわっ…私の投票、ムダすぎ…?"とならないための選挙ガイド@東北公益文科大学

 2016年6月28日、東北公益文科大学コワーキングスペース「UNDERBAR」にて、有権者となって間もない学生をメインターゲットとした公開講座「"うわっ…私の投票、ムダすぎ…?"とならないための選挙ガイド」を開催しました。



〔案内文〕
来る選挙で初めて投票する若者を中心に、選挙の仕組みをわかりやすく解説し、イベント感覚で楽しむ見方を提供します。

語り手:山本泰弘(地方公務員・国会議員政策担当秘書資格者)
※公務員なので政治的に中立なことしか言えません。安心!(□_□+

テキスト(2012年版)
・大丈夫!あなたの一票は日本を変えません!
・池上さんの選挙特番まじぱねぇ
・あの日起きた選挙の悲劇を君たちはまだ知らない(2000年アメリカ大統領選の話)
・もし国会議員政策担当秘書資格者が日本で最有力の政治家との面会に遅刻したら(実話)
・※このイベントは監視されています(実話)


〔まとめ〕

①(政治をよく知らないから、よく知って投票する人に任せたらいいという本音に対し)
「若者は、すでに教育政策について十分詳しい。そのアドバンテージを活かし、まず各党の教育政策を見てみよう」

参考:政策比較表2016参院選【子育て・少子化・教育】 _ 政くらべ


②「選挙で話題になるテーマの多くは、日本が今後数年で取り組んでいくもの。(どの党に投票したかにかかわらず、)忘れた頃に"あっ、あのとき話題になってた件がこんな風に解決されてる"と気づくと社会の変化を感じられる」
eg.ブラック企業対策、子育て環境充実、地域活性化

参考:(2013年)【参院選 争点・総まとめ】ハフポストが訴えた「6つの争点」とこれまでの議論のまとめ


③「2000年米国大統領選挙のように、終わってみれば"あれは歴史を変える選挙だった"――ということが実はある。スルーするよりは一応でも参加しておくと、歴史の目撃者っぽくなれる」

参考:Facebookページ「池上彰の選挙ライブ」2016年7月5日


④「国会議員の秘書は、なり手不足(資格なくてもOK)。特に若者は歓迎される。地位は立派だけど、実は雑用尽くし。それでいて、国や社会を動かす側に立つ体験ができる」

参考:民主党アーカイブ 「政治の不思議」調査隊 第1回 「議員秘書ってどんな仕事をしているの?」